ふるさと納税

ふるさと納税制度とは

自分が生まれ育った「ふるさと」に貢献したい、自分との関わりが深い地域を応援したい、という気持ちを形にする税制上の仕組みのことです。
地方公共団体(都道府県や市町村)に対して寄附を行った場合、2,000円を超える部分について、個人住民税のおおむね1割を限度として、所得税と合わせて全額を控除する仕組みが設けられました。

控除額の計算方法

<所得税控除>
  • (1)寄附金の合計額-2,000円
  • (2)総所得金額等×40%-2,000円

上記(1)(2)のいずれか少ない方×所得税の限界税率(0~40%)
*所得税の税率はkじゃ税所得金額により段階的に適用

<個人住民税控除>

次の(1)+(2)を税額控除

  • (1)(地方公共団体に対する寄附金-2,000円)×10%=基本控除額
  • (2)(地方公共団体に対する寄附金-2,000円<)×(90%-5~40%)=特例控除額/li>

*寄付金合計額は総所得金額等の30%
*(2)は個人住民税所得割額の1割を限度

例)Aさんの場合 夫婦+子ども2人

給与収入 700万円
所得税の税率 10%
B市の住民税(所得割) 350,000円
多可町へ40,000円寄附された場合

<(ア)所得税>
(40,000円-2,000円)×10%(この場合の所得税の限界税率)=3,800円

<(イ)個人住民税>
(1)基本控除額:(40,000円-2,000円)×10%=3,800円
(2)特例控除額:(40,000円-2,000円)×(90%-10%)=30,400円<35,000円
(2)は個人住民税の1割が上限額なので293,500円×10%=29,350円
(1)+(2)=3,800円+30,400円=34,200円

寄附金控除効果額=(ア)+(イ)=3,800円+34,200円=38,000円