観光・文化・施設

加美区 奥豊部(おくとよべ)

加古川の支流杉原川の中流域右岸に位置します。

むらづくり活動

① 大歳神社でのまつり

11190_ext_11_0.jpg子ども御輿が出たり、コンサートを行ったりします。

むらの宝

① 奥豊部古墳

 6世紀から7世紀頃の古墳群。

東向きの山麓部に14基~15基の横穴式石室墳が確認されていますが、内容については未調査でよく分かっていません。平成9年に1号墳の発掘調査が行われ、全長12.4㍍×10.4㍍の古墳の周りをとりまく外護列石といわれる石列や、ぜんちょう9.4㍍を測る長大な横穴式石室が検出されたほか、石室内からは、比較的良好な状態の土器や金属器が大量に出土しました。

 また、羨道部付近から、6世紀後半に属するとみられる、ほぼ完全なかたちの提瓶ていへいが採集されています。

② 浄照寺

 浄土真宗本願寺派の寺。もとは、境内に祠を祀り、真宗の総道場として栄えていましたが、寛政8年(1796年)、本山より本尊の阿弥陀如来を勧請かんじょうし開基したものといわれています。

集落マップ

※地図の表記が実際と異なる場合がありますが、ご了承ください。