観光・文化・施設

加美区 多田(ただ)

谷が真っ直ぐ奥に延びた土地として「直ただ」の意味からこのようによばれています。

むらづくり活動

① 世代間交流グラウンドゴルフ

隣保対抗で競い合います。

② 桜祭り・夏祭り

11197_ext_11_1.jpg毎年、桜が咲く頃には春日公園で桜祭りを開催します。この公園周辺には、都市部の住民が購入されている別荘があり、ここに来られる人や、ヘルシービラ加美(老人福祉施設)に入所されている人などと交流を行います。

また、夏になると地蔵盆を開催し、集落民が集います。

③ 集落営農

今後の集落の農業を村全体で支える組織作りを行っています。

現在では、集落内の7割程度の農地を営農組織が請け負い、作業を行っています。

④ 歴史研究会

11197_ext_11_3.jpg

⑤ 財産組合の共有山管理

間伐や枝打ちなどを業者に委託。枝打ちロボットを購入し9月から冬の間の日曜日、組合員が4人ずつ交代で作業に当たっています。また、作業道は手づくりです。

⑥ 消防団

11197_ext_11_5.jpg消防操法大会では、昭和43年、47年、59年、63年、平成12年に全国大会に出場しています。

むらの宝

① 諦願寺

浄土宗西山派に属し、本尊は阿弥陀如来です。

 大永たいえい3年(1523年)遣空上人けんくうしょうにん、観沢大和尚かんたくだいおしょうの開創にかかり、のち銅山の盛んであったころ、七世常山和尚じょうざんおしょうが浄土宗に改宗し、銅山寺として栄えたと伝えられています。

 この寺に安置されている二十五菩薩来迎像は町文化財指定を受けています。

② 林松寺

この寺には、薬師堂があり町文化財指定の薬師如来坐像が安置されています。

③ 春日神社

祭神は天児屋根命あめのこやねのみことと厳島姫命いつくしまひめのみこと。創立年月日不詳で、大正14年に社殿を再建しています。本殿は銅葺入母屋造。瓦葺切妻造の幣殿と瓦葺入母屋造りの拝殿も有しています。

④ 戸田春次郎先生の追慕碑

戸田先生は多田出身で明治13年から38年までの26年間にわたり、松井小学校に勤務されました。教育一途に精魂を傾けられ、夜間まで子弟を集め教えられていましたが、盲腸炎が原因で42歳の若さでこの世を去られました。住民の悲しみは、我が親を失ったかのごとく、慟哭せんばかりに先生の死を悼む声が満ちていたと言い伝えられています。

松井庄村議会は、先生の葬式の費用として金20円の拠出を決議したことからも、いかに先生が郷土の人々から敬慕され、すぐれた教育者であったかをうかがい知ることができます。

集落マップ

※地図の表記が実際と異なる場合がありますが、ご了承ください。