観光・文化・施設

中区 天田(あまだ)

むらの宝

① 量興寺

11208_ext_15_0.jpg650年頃に推古天皇の勅願寺として建立されたと伝えられる多哥寺の後身です。

平安末期に藤原顕頼が再興し、高倉天皇の母君の寺として寺格が高まり、量興寺となりました。

これまでの調査で、南大門、塔、金堂、回廊、鐘楼、参道が確認されており、多哥寺が播磨地域で最古級の寺で、多可郡の中心となり郡を代表する寺院であったことがはっきりしました。

東西64㍍、南北約80㍍の大きな規模を持ち、四天王寺と同様の伽藍配置のお寺でした。

12世紀には九篠家の荘園となって、僧房や食堂はとりこわされて水田になりました。

現在、多哥寺跡に立つ量興寺には、巨大な塔心礎が残り、出土した瓦から、播磨地方でも最古の寺院のひとつに数えられています。

また、梵鐘ぼんしょう鋳造の遺構は奈良時代のもので、町の指定文化財に指定されています。

*塔心礎

11208_ext_15_1.jpg量興寺本堂と庫裏の間の中庭に残る、柱を支える巨大な基礎の一塔心礎です。

2.8m×2.4m、厚さ1.3mで、上面の中央には直径95cm深さ20cmの孔が穿たれ、ここに塔の心柱が立てられていました。

これにより、この場所が古代寺院であると推定されてきた根拠となっていました。

② 加都良神社

11208_ext_15_2.jpgご祭神は加都良之命かつらのみことで、家内安全、開運招福などのご利益があるといわれています。

創立年月日は定かではありませんが、江戸初期もしくはそれ以前の創立と推測されています。

この神社で、昭和のはじめごろまで鶏合わせが行われていました。

元日の朝、お当が八柱権現はっしょうごんげんの前で「大事小言おおごとこごと、村まんべんに、五穀成就ごこくじょうじゅ」と唱え、元気に暮らせるよう拝んだ後に、鶏を合わせ、鶏の鳴き声で豊作を占いました。

その後、加都良神社での鶏合わせは廃れましたが、平成元年には町文化財に指定され、種の保存が図られています。

*鶏合わせ(播州柏ばんしゅうかしわ)

この鶏合わせで用いられた鶏は、平安時代に宮廷を中心に行われた闘鶏用の赤鶏(赤柏)と呼ばれる日本鶏の末えいで、東天紅(高知県),火内鶏(秋田県),伊勢地鶏(三重県)と並ぶ日本でも有数の伝統ある鶏です。

現在、中町南小学校でも飼育されており、平成5年に当小学校の児童によって鶏合わせが復活されました。

集落マップ

※地図の表記が実際と異なる場合がありますが、ご了承ください。