観光・文化・施設

中区 高岸(たかぎし)

むらづくり活動

11211_ext_08_0.jpg テーマ
「た」のしいときを
「か」ぞくみんなで
「ぎ」ょうじにさんか
「し」んぼくふかめ むらづくり
住民1人ひとりが自発的に活動に参加し、心豊かな人づくり、「住んで良かった」と胸を張って誇れるむらづくりに取り組んでいます。

① むらづくりPR事業

看板を集落内3カ所に設置しました。

② 伝統文化継承事業

11211_ext_11_1.jpg・盆踊り

・秋祭り

③ 三世代交流事業

・グラウンドゴルフ大会

④ 特産品開発事業

そばを特産品として栽培しています。

⑤ そば祭り事業

そばの開花時期に合わせて開催し、そば打ち、試食会等を通じて親睦を図っています。

⑥ 環境美化事業

*花づくり

集会所、公園等にフラワーポットを設置して、花いっぱい運動を展開しています。

*集落内掃除

⑦ 福祉事業

*高齢者飲食会

*高齢者宅訪問

むらの宝

① 大歳神社

11211_ext_15_0.jpgご祭神は大歳神で、明治15年に創建されました。

五穀豊穣ごこくほうじょう、家内安全 開運招福等のご利益があると言われています。

また、境内社の稲荷神社は古来より奉納相撲が盛んで、「播磨藤はりまふじ」などの地方力士や行司などを輩出しています。

また、この神社で行われるお当行事では、集落住民あげてお接待を受けます。

そして、当番さんが次の当番さんのお家へご神体の入った箱(現在では何も入っていませんが)を持っていくとき、出来るだけ箱を揺すって歩きます。

厳粛な中にも勇壮なひとコマに大きな歓声があがります。

② 浄福寺

浄土真宗本願寺派で阿弥陀如来が安置されており、文明12年(1480年)、京より来住の僧の法員師により開基されました。

③ 藤塚神社

11211_ext_15_2.jpgご祭神は、藤塚大明神で、不幸排除、開運招福にご利益があると言われています。

伝承によると、その昔、三木城が落城し、名のある武将がこの地に逃れ、藤の塚の前で休んでいたところ、五月のぼりを敵と間違え、逃げられないと思い自害したという悲話が伝えられています。

近隣の人々はその哀れを偲び、誰ということなく「藤塚さん」と称して、懇ねんごろにこの地に小社を建てて祀まつったと言われています。

④ 雨乞あまごい岩

11211_ext_15_3.jpgこの集落の東を流れる杉原川に大岩があります。

その昔、雨期に入っても一滴の雨も降らず、田んぼは白く乾いてしまいました。

百姓達は困ってしまい、川に棲む竜神様にお願いすることにしました。

そこで、火をたき、村中の人が念仏を唱えたところ、空はにわかに曇り、ゴウゴウと風が吹き稲妻が走りました。

その時、竜神様が銀鱗をうねらし、大空高く昇っていったそうです。

そして、まもなく激しい雨が降り、この辺りはどんな干ばつでも水が無くなったことはないと言われています。

また、この場所は、美しい藤の花が咲きます。

集落マップ

※地図の表記が実際と異なる場合がありますが、ご了承ください。