観光・文化・施設

中区 中村町(なかむらまち)

むらづくり活動

11215_ext_08_0.jpg テーマ:むこう三軒両どなりのむらづくり
 中村町は、昔から中区の中心地として、役場をはじめ公共機関、郵便局、JA、金融機関が立ち並び市街地を形成しています。各祭り、体育・文化活動を通じて早くからこころ豊かなむらづくりに取り組んできました。
 その一方で、子どもの顔を見てもどこの子かわからないほど近所づきあいが希薄になっており、これからの少子高齢社会を思うとき、さらなる絆が求められています。
 そこで、集落で解決できることは集落で取り組み、全員が汗を流して、住んでいてよかったと実感できる中村町を目指そうと、『むこう三軒両どなり』のむらづくりをはじめました。集落には多様な能力、技を持った方がいっぱいです。従来の村行政の組織と、新しいむらづくり協議会が協働してむらづくりに取り組んでいます。

① 交流事業

11215_ext_11_0.jpg・あかね坂公園にて

 三世代交流クリスマスイベント

・トライやるウィーク受け入れ

・七夕飾り

② 花回廊計画事業

花回廊基本計画にもとづき、集落の景観形成を図っています。

③ 情報化事業

集落ホームページの運営

④ 集落新聞事業(集落新聞発行)

むらの宝

① あかね坂公園

JR鍛冶屋線中村町駅舎跡にコミュニケーション型県土づくりモデル事業として、集落住民の案で作られた公園です。石の列車や線路をかたどった道が、在りし日の鍛冶屋線をしのばせてくれます。なお、「あかね坂公園朝そうじの会」が県と「アドプト・プログラム」という契約を結び清掃・維持を行っています。

② 恵比須神社

ご祭神は蛭子神で、商売繁盛、家内安全、開運招福にご利益があるといわれています。

 創立年代は定かではありませんが、毎年1月9日、10日に「十日戎」として商売繁盛の祭礼が催され、「吉兆きっちょう」などが声高らかに売られます。

③ 祇園神社

11215_ext_15_2.jpgご祭神は素盞鳴命すさのおのみことで、厄よけ・開運招福・学力向上・縁結びにご利益があるといわれています。

 創立年代は定かではありません。

④ 稲荷神社

商売繁盛、家内安全、開運招福にご利益があるといわれています。

⑤愛宕神社

防火守護、鎮守守護

⑥ 星神社

ご祭神は北辰妙見大菩薩ほくしんみょうけんだいぼさつ(北極星)で、眼病平癒、安産成就、家内安全、商売繁盛にご利益があるといわれています。創立年代は不明です。

⑦ だいじゅんさん

ご祭神は皇太神(豊受大神とようけのおおかみ)で、日の神としてあらゆる物象の助け神として、特に五穀豊穣にご利益があるといわれています。創立年代は定かではありませんが、昔、この付近は川原で雑草の生い茂る湿地でしたが、この雑草に小さな祠ほこらが建立され、神棚など古いものを奉納(捨て場所)していたと伝えられています。

神社の名前が「皇太神宮こうたいじんぐう」とあることから「だいじんぐうさん」と呼ばれ、「だいじゅんさん」となまった言われています。なお、中区安楽田集落にも「だいじゅんさん」が祀まつられています。

⑧播州白山神社

ご祭神は、①白山大神(諸願成就)②白山比咩神しらやまひめのかみ(菊理媛命くくりひめのみこ③伏見稲荷大神(生業繁栄)④猿田彦大神(災難消除)で、事業安全、交通安全、地鎮奉斎、安産腹帯、厄除け、方位除け、入試合格にご利益があるといわれています。 菊理媛命くくりひめのみことは、日本書紀に登場する神様です。イザナギノミコトが黄泉よみの国に入ったイザナミと泉平坂よもつひらさかで争った際に、イザナギ・イザナミの争いをやめさせた神様で、イザナミの言葉を取り次ぐ巫女みこの神様です。 また、秀真伝ほつまたえという文書には、菊理媛神くくりひめのみことはイザナギノミコトの母神であると記されています。

⑨ 薬師堂

千年前に建立されたと伝えられており、毎年2月上旬には無病息災を願う大根炊きが行われ、数珠繰りの後、大根煮がふるまわれます。

集落マップ

※地図の表記が実際と異なる場合がありますが、ご了承ください。