観光・文化・施設

中区 中安田(なかやすだ)

むらづくり活動

テーマ:みんなで さぁ よっこいしょ
テーマにある「よっこいしょ」はみんなが行動を起こすときに「さぁ、よっこいしょ」と自然に出てくる言葉です。むらづくりは、一人ひとりが助け合い、多くの人たちが参加し、行動してこそ大きな成果が生まれます。
むらづくり協議会がその輪の中心として活躍すると同時に「さぁ、よっこいしょ」と皆さんにどんどん参加いただけるよう、かけ声をかける役目を果たします。よりよいむらづくりは集落のみなさんの協力によってできるものです。

① 交流会活動

*収穫祭

11月に収穫祭を行い、餅つき競技、三世代競技、豆を使った競技、丸太を使った競技などを中心に、隣保ごとに出店を設けて競技に参加しながら親睦を図ります。



*黒豆枝豆づくり

農協の協力を得て黒豆を栽培し、販売しています。

② アートかかし活動

11223_ext_11_1.jpgつるを材料にアートかかし(集落内看板等)を作成しています。

また年数回、公民館でクラフト倶楽部を開催し、子どもからお年寄りまで世代を超えた集落民が集まり、オリジナルな作品を作成します。

③ 愛宕山整備活動

11223_ext_11_2.jpg集落内にある愛宕山に気軽に登れるよう、登山道を整備しています。

休憩場所、休憩イス等の製作や山頂の整備、植樹(桜)を行います。

また、元旦にはご来光登山を行っています。

④ 環境美化活動

年に3回集落内のゴミ拾いや、杉原川堤防道の草刈りをしたり、公民館花壇の花植えをします。

また、子どもを中心に集落内のゴミを調査し、ゴミ状況のマップを作成して集落全戸に配布しています。

むらの宝

① 法幢寺

夢窓国師の開基により、足利尊氏が建立したとされるこのお寺は、徳川家代々の将軍から朱印状も賜っていました。足利家と徳川家のどちらにもなじみの深い法幢寺の門には、徳川家の葵紋と足利家の丸に一つ引き紋の2種類の家紋があります。山門をくぐって石段を上がると、右手にある柿の木と鐘楼、そして左手に広がる見事な作りの放生池が、より深みある寺の風情を醸し出しています。

② 稲荷神社

11223_ext_15_1.jpg元和3年(1618年)の創建といわれ、五穀豊穣、商売繁盛、殖産興業にご利益があるといわれています。なお、毎年10月には盛大に祭りが行われ多くの集落民が集います。

③ 日向神社

創建沿革は不明ですが、五穀豊穣・家内安全・子育て・子授け等にご利益があるといわれています。

集落マップ

※地図の表記が実際と異なる場合がありますが、ご了承ください。