観光・文化・施設

加美区 轟(とどろき)

真谷山の東方、杉原川の中流域に位置します。
真谷山の深谷に滝があり、豪雨になると滝音がとどろくことから『轟(とどろき)』と言われるようになりました。

むらづくり活動

①ラベンダーまつり

293_ext_11_0.jpg

棚田オーナー制度(西山・轟だんだんファーム)

293_ext_11_1.jpg

③スポーツ活動事業(集落内運動会)

293_ext_11_2.jpg20数年前に行っていた、集落内運動会(隣保対抗の運動会)は長らく途絶えいたましたが、平成14年度に久しぶりに開催。以後1年おきの10月にやっていこうと決めています。

この運動会では、ラジオ体操から始まり、じゃんけん列車、玉入れ、綱引き、障害物リレーなどを行います。特に消防団の色水放水や、仮装行列にはひときわ大きい歓声があがります。

④広報活動事業(むらづくり広報誌の発行)

⑤コミュニティ育成事業(世代間交流ふれあいサロン)

⑥人材育成事業(ふれあいとんどまつり)

⑦文化醸成活動(婦人層・戸主層・老人層間交流)

NPO法人北播磨ラベンダー

293_ext_11_7.gif轟集落・山口集落で行われていたラベンダー委員会は、平成18年11月19日にNPO法人として発展し、平成20年開園のラベンダー園運営に向けて着実な一歩を踏み出しています。

むらの宝

①川裾まつり

お当番さんによって宮参橋に電飾の提灯が飾られ、古代から座った祭壇の大岩の上に御神体を祀り、夜店も出てなかなかの賑わいです。

夜には子ども達による灯籠流しも行われ、実に幻想的で美しいです。

『かわっさはん』と呼ばれ、昔どこからかこの神様が流れてきて、ここで水害が止まったそうです。そこで、小さな祠を立てて、水で身を洗い清めてお祭りをしました。川裾まつりにお参りすると、夏負けしないとか、水害を防いでくれるとか言われています。

②空蔵堂(こくうぞうどう)の数珠繰り

3月13日と8月24日の年2回、念仏を唱えながら参加者が輪になって数珠を百回回します。途中50回で一休みします。小さい子どもからお年寄りまで男女問わず和やかに勤める愉しい行事です。

③河上神社(かわかみじんじゃ)

轟・山口・西山の3集落共有の神社です。

昔から、華麗な御輿があり、毎年10月、各地区から当番の担ぎ手が白装束で3集落を巡回して練り歩きます。

約20年あまり前から子ども御輿が3台加わり盛大な祭り行事となっています。

また、この神社には芝居堂があり、夜宮には消防団および有志主催によるカラオケ大会なども行われます。

祭神は弥都波能売命(みつはのめのみこと)、一杵島毘売命(いちきしまひめのみこと)、誉田別命(ほんだわけのみこと)。創立月日不詳。柿葺(こけらぶき)流造の本殿、杉皮葺切妻造の幣殿、萱葺(かやぶき)入母屋造の拝殿を有しています。

毎年3月吉日に、1年間お当番を勤められた『過番』とこれから受けられる『上番』がともに拝殿で区長さんの指示のもと、お寿状箱の受け渡しをして、河上神社のお当番交替(引継)を行います。

また、昔、南の和田垣上の台地の山に引場ヶ谷と呼ばれる平地があり、ここで弓的がなされていたという伝承があることから、悪払いの弓的の行事も行います。

集落マップ

※地図の表記が実際と異なる場合がありますが、ご了承ください。