観光・文化・施設

加美区 山口(やまぐち)

大井戸山麓、杉原川中流域左岸に位置します。大井戸山の登山口であることから『山口』と言われているようです。

むらづくり活動

①おせったい事業

294_ext_11_0.jpgおせったいはその昔、お遍路さんの休憩所として、もてなしをしたことが始まりだとか。

これまでは、慈眼寺で、毎年桜が咲く頃に集落の皆が集まってわいわいと大宴会をしていました。(4月21日の大師講をお接待の日と定めていました。)

これは、老若男女がそれぞれ家から持ち寄った煮〆・おにぎり等を取りかえ食べたり飲んだりして、語りあう楽しい集いでした。時には近隣の集落からも白い遍路装束のお年寄り達が尋ねてきたりしていましたが、戦争の激化とともに一時止んでいました。

近年になって、山の道が整備されたこともあり、このおせったい事業を復活しました。

② 自主防災活動事業(自主防災意識向上と訓練)

294_ext_11_1.jpg隣保とは別に、近所の7.8軒が1班となり5班の持ち回りで、おおむね毎月の15日(お盆、お正月の月は除く)防災訓練を行います。また、年に1回~2回班の訓練もあります。(参加者はヘルメットの着用が原則となっています)。なお、この自主防災活動は、平成10年頃から欠かさず続けています。

③ ラベンダー友の会

④ コミュニティ活動事業(三世代交流・とんど,集落広報誌の発行,集落内文化祭)

老人クラブが黒豆の枝豆・葉牡丹作りを行い、道の駅でなどで販売なども行っています。なお、秋祭りには3集落(轟・山口・西山)で練り歩く御輿の休憩時に、老人クラブが作った農作物でお向かえをします。

また、このクラブが作った葉牡丹を各集落に配ったり、公共施設に置いたりして交流を図られています。

⑤ ひとづくり事業(子供会事業,秋祭宵宮イベント)

⑥ 環境美化活動事業(花いっぱい運動)

⑦ 観光名所整備

氷上加美線の工事に伴い、周辺の山林の間伐等の整備を行い、新たに桜、ケヤキなどの植樹を行いました。

NPO法人『北播磨ラベンダー』

轟集落・山口集落で行われていたラベンダー委員会は、平成18年11月19日にNPO法人として発展し、平成20年開園のラベンダー園運営に向けて着実な一歩を踏み出しています。

むらの宝

① 河上神社(かわかみじんじゃ

294_ext_15_0.jpg轟・山口・西山の3集落共有の神社です。

昔から、華麗な御輿があり、毎年10月、各地区から当番の担ぎ手が白装束で3集落を巡回して練り歩きます。

約20年あまり前から子ども御輿が3台加わり盛大な祭り行事となっています。

また、この神社には芝居堂があり、夜宮には消防団および有志主催によるカラオケ大会なども行われます。

祭神は弥都波能売命(みつはのめのみこと)、一杵島毘売命(いちきしまひめのみこと)、誉田別命(ほんだわけのみこと)。創立月日不詳。柿葺(こけらぶき)流造の本殿、杉皮葺切妻造の幣殿、萱葺(かやぶき)入母屋造の拝殿を有しています。

毎年3月吉日に、1年間お当番を勤められた『過番』とこれから受けられる『上番』がともに拝殿で区長さんの指示のもと、お寿状箱の受け渡しをして、河上神社のお当番交替(引継)を行います。

また、昔、南の和田垣上の台地の山に引場ヶ谷と呼ばれる平地があり、ここで弓的がなされていたという伝承があることから、悪払いの弓的の行事も行います。

集落マップ

※地図の表記が実際と異なる場合がありますが、ご了承ください。