多可町教育委員会

教育委員会の概要

教育委員会について

【教育委員会とは】
 教育委員会は、教育の政治的中立性を保持し、学校教育や生涯学習等の振興を図るため設置された、町長からは独立した執行機関です。
 教育委員会は5人の教育委員による合議制の機関となっています。
 教育委員会は、①政治的中立性・安定性の確保、②地域住民の多様な意見を反映、③生涯学習などの教育行政の一体的な推進等を目的として設置されています。
 教育委員会の権限に属する事務は、教育委員会の会議によって処理することとなっており、教育に関する事務の管理及び執行の基本的な方針等について審議し決定しています。

【教育委員の任命】
 教育委員は、人格が高潔で、教育、学術、及び文化に関して識見を有するもののうちから、町議会の同意を得て町長が任命する5人の委員(うち1名は教育長)で組織されます。委員の任期は4年で、再任されることがあります。

【委員長と委員長職務代理委員】
 委員長は、教育委員会の委員のうちから選挙により選ばれます。任期は1年で、再任されることがあります。委員長は教育委員会の会議を主宰し、教育委員会を代表します。
 委員長職務代理委員は、委員長を選挙する際に教育委員会が指定するもので、委員長が職務を行うことができない場合や、委員長が欠けた場合に、委員長の職務を代行します。

【教育長と事務局】
 教育長は、教育委員会の指揮監督の下に、教育委員会の権限に属するすべての事務をつかさどり、事務局の事務を統括します。
(地方教育行政の組織及び運営に関する法律第17条、教育長への事務の委任等については同第26条)
 教育委員会の権限に属する事務を処理するため、教育長の統括の下に事務局が置かれています。
(地方教育行政の組織及び運営に関する法律第18条)

教育委員の紹介

職名 氏名 任期満了日
教育委員長 門脇 きみ子 平成30年12月31日
委員長職務代理者 熊田 正博 平成29年12月31日
教育委員 藤田 裕子 平成31年12月31日
教育委員 岩田 光代 平成32年12月31日
教育委員(教育長) 岸原 章 平成29年12月31日

平成28年度 多可町教育方針及び主要施策

 近年、グローバル化や情報化の急速な進展、価値観の多様化などにより、私たちの生活は、大きく変わってきました。そして全国的に人口減少や少子高齢化が進むなか、多可町におていも子どもの数が年々減少しています。
 こうした中、子どもたちの教育を第一に考え、小学校のあり方を地域の皆さまとともに検討した結果、八千代区の3つの小学校(八千代南小学校、八千代北小学校、八千代西小学校)を3月末で閉校、統合し、4月から新たに「八千代小学校」としてスタートすることになりました。

 いつの時代もまちづくりの基礎は人づくりにあります。変化が激しく、先行き不透明なこれからの時代を子どもたちがたくましく生き抜いていくためには、柔軟な思考力や豊かな人間関係を築くコミュニケーション力、思いやりの心などとともに、自らの夢や目標を実現するため、生涯学び続ける姿勢を身につけることが求められています。
 多可町教育委員会では、本年度「総合教育会議」において、「多可町教育ビジョン」(平成23年策定)を改訂し、「多可町教育大綱」(平成28年から5年計画)としました。今後は、これを指針とし、子どもたちに確かな学力、人を思いやる豊かな心、健やかな身体など、知育・徳育・体育のバランスのとれた「生きる力」を培う教育を充実させていきます。
 また、子どもたちが、「ふるさと多可町」に自信と誇りを持って成長し、将来の多可町を担う人材となるよう、多可町の歴史や産業、伝統文化を学ぶ「ふるさと教育」に一層、力を入れていきます。
 学校園は、子どもたちにとって安全で楽しく、充実感が味わえる場であるとともに、保護者や地域の人々から愛され、信頼される存在でなければなりません。そのためには、教育・保育に携わる者が、その役割と責任を十分自覚して組織的に取り組むことが不可欠です。
 町民の皆さんに、「多可町で子育てして良かった」「多可町で学んでよかった」、そして「多可町に住んで良かった」と実感していただけるように、多可町の教育・保育の更なる発展に向けて、全力で取り組んでいきます。

 平成28年度の重点目標と主要施策は、次のとおりです。

①重点目標
 1.ふるさと多可町を愛し、たくましく生きるこころ豊かな子どもの育成
 2.地域や保護者から信頼される、魅力ある学校園づくり
 3.家庭の教育力の向上と安全・安心な地域づくりの推進
 4.子ども向け社会教育事業や学童保育、児童館事業等の充実
 5.図書館、那珂ふれあい館の充実


②主要施策
◎幼児教育・学校教育
 1.「生きる力」の基礎を育む幼児教育の充実
 2.幼保小中学校の連携の強化
 3.確かな学力の育成
 4.豊かな心の育成
 5.健やかな体の育成
 6.特別支援教育の充実
 7.開かれた学校園づくりの推進
 8.伝統や文化、環境をいかした体験活動の充実
 9.学校園の組織力及び教職員の資質・指導力の向上
10.学校園の危機管理体制の充実

◎学校園等の施設・設備の整備

◎家庭教育・社会教育
 1.家庭の教育力の向上
 2.安全で安心な地域づくりの推進
 3.子ども向け社会教育事業の充実
 4.子育てふれあいセンターや学童保育、児童館事業の充実
 5.図書館の充実
 6.那珂ふれあい館の充実

◎教育委員会事務局
 1.就学前教育・保育の充実
  ①子ども・子育て会議の継続と公私連携によるキッズランド運営の検討
  ②幼稚園教育研修事業の継続と5歳児教育共通カリキュラムの作成
 2.子育て支援の充実
 3.学校給食センター調理業務の民間委託
 4.教育委員会等の公開
 5.教育委員会事業の点検と評価の公表
 6.保護者、児童・生徒、教職員を日常的に支援する体制づくりの推進