暮らし・手続き

【福祉医療】高齢障害者医療費助成制度

受給者

以下の要件をすべて満たされる方
 ・多可町内に住所を有する方
 ・身体障害者手帳1級~3級、療育手帳A・B1・B2判定、精神障害者保健福祉手帳1級のいずれかをお持ちである方
 ・後期高齢者医療制度で医療を受けられる方
 ・所得制限基準を満たしていること

所得制限基準

本人、配偶者、扶養義務者の市町村民税所得割額の合計額が23万5千円未満であること
 (年少扶養控除等の廃止の影響を生じさせないために、見直し前の旧税額ベースで判定を行う。)
 (判定に用いる市町村民税所得割額は住宅借入金等特別税額控除、寄付金税額控除をする前の額です。)

一部負担金

受給者の一部負担金は以下の区分どおりとなります。
受診区分 一部負担割合および限度額
外 来  ・1医療機関あたり1日600円を限度に月2回まで負担
 ただし、市町村民税非課税世帯で、世帯全員について、年金収入と所得(年金所得は除く)の合計額が80万円以下の場合、1医療機関あたり、1日400円を限度に月2回まで負担
入 院  ・1医療機関あたり定率1割負担で負担限度額月額2,400円
 ただし、市町村民税非課税世帯で、世帯全員について、年金収入と所得(年金所得は除く)の合計額が80万円以下の場合、負担限度額月額1,600円
長期入院対策 連続3か月を超える入院の場合、4か月め以降は一部負担金は徴収しない。
 ※精神保健福祉手帳1級で受給される方の精神疾患の入院・通院の治療については、高齢障害者医療費助成制度では助成できません。