暮らし・手続き

【後期高齢者医療】制度の概要

後期高齢者医療制度は、従来の老人保健医療制度に変わり、平成20年4月から始まりました。
 老人保健医療制度と同様に75歳以上の方と一定の障害があると認定された65歳以上の方が対象です。
 制度の運営は、兵庫県内のすべての市町が加入する兵庫県後期高齢者医療広域連合(以下、広域連合という。)が行いますが、被保険者証(以下、保険証という。)の引き渡しや各種届出・申請の受付、保険料の徴収などは、各市町が行います。


 後期高齢者医療制度被保険者の医療費は、一部負担金(窓口負担)を除いた給付費の約5割を公費(税金)、約4割を若い世代からの支援金、約1割を被保険者の保険料でまかなわれます。