暮らし・手続き

住宅の簡易耐震診断推進事業

町では、住宅の耐震化を促進するため「簡易耐震診断推進事業」を引き続き実施します。
 この事業は、昭和56年5月31日以前に建設した住宅に対し、町が耐震診断技術者を派遣して住宅の簡易的な耐震診断を行うものです。
 診断を希望する人は、住民課住宅政策室へお申し込みください。

対象条件

 昭和56年5月31日以前に建設した住宅であること
 (ただし、住宅部分が2分の1以下の併用住宅、ツーバイフォー工法などによる枠組壁工法、プレハブ住宅、丸太組工法などの住宅は対象外です)

費用

 ・木造戸建住宅の場合:30,900円/棟
 (本人負担なし)
 ・非木造戸建住宅の場合:62,400円/棟
 (本人負担なし)
※建物の用途や構造により費用が異なりますので、詳細はお問い合わせください。

申込者

原則として住宅所有者

必要書類

・印鑑(認め印)
・建築年度のわかる書類
(建築確認申請書、登記簿など)

ひょうご住まいの耐震化促進事業

兵庫県では、平成27年度の住宅の耐震化率の目標を97%と設定し、この目標を実現するための一つの施策として「ひょうご住まいの耐震化促進事業」を実施しています。
 住宅耐震改修計画策定費や、住宅耐震改修工事費に対して補助を行っていますので、耐震改修を検討する場合は参考にしてください。

【詳しくは】
ひょうご住まいの耐震化促進事業(兵庫県ホームページ)
【問合せ先】
兵庫県県土整備部住宅建築局建築指導課TEL078(362)4340