暮らし・手続き

緊急通報装置貸与事業

制度の概要

日常生活を営む上で、常時注意を必要とする方に対し、緊急時の連絡や健康相談ができる装置を貸与します。

対象者

 ①おおむね65歳以上のひとり暮らしの高齢者
 ②高齢者のみの世帯
 ③ひとり暮らしの重度身体障害者等

利用者負担

 ・緊急通信システムに係る電気料金および通信通話料金
 ・ペンダント電池代

手続きに必要なもの

 ・緊急通報システム利用申請書<PDF>
 ・同意書<PDF>
 ・緊急通報システム利用者台帳<PDF>
 ※緊急時に駆けつけてもらえる近隣協力者が3名程度必要になります。

事務手続き等担当窓口

福祉課 ☎:0795(32)5120