暮らし・手続き

高額介護(介護予防)サービス費

1か月に利用した介護サービスの利用者負担の合計額(同じ世帯内に複数の利用者がいる場合には、その合計額)が高額になり、上限額を超えた分が申請により払い戻されるものです。

ただし、介護サービスの利用にあたって利用者が負担する居住費、食費、日常生活費等は含みません。また、福祉用具購入費・住宅改修費の利用負担者や、区分支給限度基準額を超えた分の介護サービス費用についても対象外です。

高額介護(介護予防)サービス費

対象となる方 負担の上限(月額)
生活保護を受給している方等 15,000円
世帯の全員が住民税を課税されていない方で、
前年の合計所得金額と公的年金収入額の合計が年間80万円以下の方等
24,600円(世帯)
15,000円(個人)
世帯の全員が住民税を課税されていない方 24,600円
世帯のどなたかが住民税を課税されている方 37,200円(~平成29年7月) 
44,400円(平成29年8月~)
※同じ世帯の全ての65歳以上の方(サービスを利用をしてない方を含む)。利用者負担割合が1割の世帯に年間上限額(446,400円)を設定
現役並み所得者に相当する方がいる世帯の方 44,400円

申請について

介護サービスの利用実績に基づき、高額介護サービス費の支給対象となる人に、福祉課より『介護保険高額介護(予防) サービス費支給申請書』を送付いたしますので、福祉課(アスパル)、加美地域局、八千代地域局の担当窓口に申請してください。

 一度申請されますと以降の申請は不要となり、支給額が発生するごとに申請時の指定口座に振込みを行います。

高額介護サービス費の月額上限の変更

平成29年8月利用分より、世帯のどなたか町民税を課税されている方の負担の上限が37,200円(月額)から 44,400円(月額)に引き上げられます。

 ただし、同じ世帯の全ての65歳以上の方(サービスを利用していない方を含む。)の利用者負担割合が1割の世帯は、年間446,400円(37,200円×12か月)の上限が設けられます。(3年間の時限措置)

問合せ先

福祉課 ☎:0795(32)5120