暮らし・手続き

【国民年金】その時々の届出があなたの年金を守ります

20歳以上60歳未満のすべての人がいろいろな型で国民年金に加入します。その時々の届出を忘れると、将来年金が受けられない場合がありますので、届出は必ず行いましょう。

国民年金の加入区分

第1号保険者 自営業者・農林漁業者・自由業者・学生等とその家族で、日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の方
第2号保険者 厚生年金保険(船員を含む)や共済組合に加入している方
第3号保険者 サラリーマンの妻など、厚生年金保険(船員を含む)や共済組合に加入している方の扶養されている配偶者で、20歳以上60歳未満の方

国民年金に入る

こんなとき どうする 届出先
20歳になったとき 厚生年金・共済年金加入者以外は国民年金に加入の手続きをする 第1号被保険者→市区町
第3号被保険者→配偶者の勤務先
60歳前に会社を退職したとき 国民年金に加入の手続きをする(被扶養配偶者も同様) 市区町
結婚や退職等で配偶者の扶養になったとき 第3号被保険者への種別変更の手続きをする 配偶者の勤務先
配偶者の扶養からはずれたとき 第3号被保険者から第1号被保険者への種別変更の手続きをする 市区町
配偶者が会社をかわったとき 引き続き第3号被保険者となる手続きをする 配偶者の新しい勤務先
年金手帳をなくしたとき 再交付の手続きをする 第1号被保険者→市区町
第3号被保険者→配偶者の勤務先・年金事務所
他の市区町村から転入したとき 第1号被保険者は住所変更の手続きをする 市区町

保険料を納める

こんなとき どうする 届出先
口座振替を開始・停止・変更するとき 国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書を提出する 銀行・郵便局・農協・漁協・信用組合・信用金庫・労働金庫・年金事務所
納付書を紛失したとき 納付書の再発行を申し出る 年金事務所
保険料を納めるのが困難なとき 全額または一部免除の申請をする 市区町
学生で保険料を納めるのが困難なとき 学生納付特例の申請をする 市区町
30歳未満の方で保険料を納めるのが困難なとき 若年者納付猶予の申請をする 市区町

 

年金をもらう

こんなとき どうする 届出先 
65歳になったとき 老齢基礎年金の受給手続きをする 第1号被保険者期間のみ→市区町
第3号被保険者期間を含む→年金事務所
障害になったとき 障害基礎年金の受給手続きをする 初診日に第1号被保険者→市区町
初診日に第3号被保険者→年金事務所
20歳前に障害になった場合→市区町
死亡したとき 国民年金加入中→遺族基礎年金・寡婦年金・死亡一時金の請求 市区町 
 

もらう年金を増やす

こんなとき どうする  届出先 
定額以上の保険料を納めたい   付加保険料納付申出の手続きをする 市区町
国民年金基金に加入する 各都道府県の国民年金基金
※ただし、両方には加入できない  
海外に居住する場合 任意加入の手続きをする 最終住所地に協力者がいる
 →市区町
最終住所地に協力者がいない
 →日本国民年金協会
 60歳~65歳になるまで 任意加入の手続きをする 市区町