暮らし・手続き

国民健康保険加入

多可町内に住んでいる人は、職場等の健康保険に加入している人や生活保護の人を除いて、すべて国民健康保険に加入することになっています。

国民健康保険の加入は世帯単位

国民健康保険は加入者一人ひとりが被保険者ですが、世帯を単位として加入しますので、国民健康保険税も世帯ごとに計算され、納税義務者は世帯主になります。
「世帯の中に国民健康保険の加入者がいるが、世帯主は国民健康保険の加入者ではない」という場合でも、納税通知書は世帯主あてに送られます。
ただし、国民健康保険税の計算に世帯主は含まれません。

退職者医療制度

長年勤めた会社や役所を退職して年金を受けるようになった人やその被扶養者(家族)は、「退職者医療制度」で医療を受けることができます。

対象となる人
次のすべてにあてはまる65歳未満の人が対象となります。
【退職者本人】

  • 国保に加入している人
  • 後期高齢者医療被保険者でない人
  • 厚生年金や各種共済などの年金を受けている人で、その加入期間が20年以上、もしくは40歳以降に10年以上ある人

【被扶養者(家族)】

  • 退職者本人と同一の世帯に属する人
  • 退職者本人の3親等以内の親族であること
  • 後期高齢者医療被保険者でない人
  • 年間の収入見込金額が130万円(60歳以上と障害者は180万円)未満で、退職者本人によって生計が維持されている人 

退職者医療制度の資格ができたとき
年金の受給資格が発生した日から退職者医療が適用になります。年金証書を受け取ったら14日以内に届出をし、「被保険者証」(以下、保険証という)の交付を受けてください。

病院にかかるとき
保険証を医療機関に提示してください。病院で支払う一部負担金は以下のとおりです。

  • 退職被保険者(本人) 3割
  • 被扶養者(家族) 3割