暮らし・手続き

個人住民税の特別徴収制度について

兵庫県と県内すべての市町は連携して、個人住民税の特別徴収を推進しています。
 従業員の方の個人住民税は、特別徴収で納めましょう!

個人住民税の特別徴収を実施していない事業主の皆さんへ

  特別徴収とは、事業主(給与支払者)が所得税の源泉徴収と同様に、毎月従業員に支払う給与から個人住民税を徴収し、納税していただく制度です。
 この制度は、地方税法第321条の4及び多可町税条例の規定により、所得税の源泉徴収を行う全ての事業主に義務付けられており、事業主の希望に応じて特別徴収を行う・行わないを決めることはできません。
 事業主の皆さん、従業員の個人住民税は特別徴収で納めましょう。

特別徴収に関する手続き

①給与支払報告書の提出
 毎年1月末に提出していただく「給与支払報告書(総括表)」の報告人員欄に、特別徴収の対象となる従業員数を記入してください。(平成28年は2月1日)

②特別徴収税額決定通知書の送付
 毎年5月中旬頃、町から事業主あてに、「特別徴収税額通知書(特別徴収義務者用・納税義務者用)」を発送しますので、6月の給与から特別徴収(給与天引き)を開始してください。

③納期と納入方法
 納期限は、月々の個人住民税を特別徴収(給与天引き)した月の翌月10日です。
 (※土日・祝日の場合は、その翌営業日)
 町から送付される納入書を使用し、金融機関等で納入してください。


個人住民税-給与特別徴収にかかる各種届出書

様式はこちら