暮らし・手続き

障害者手帳をお持ちの人の税の軽減について

障害者手帳をお持ちの人は、さまざまな税の軽減を受けることができます。
確定申告や各種減免を受ける際には、忘れずに申請をしましょう。

医療費控除

障害福祉サービス等の利用料は、医療費控除の対象となる場合があります。

【対象となるサービス】
 ・居宅介護(ヘルパー)
 ・重度訪問介護
 ・短期入所
 ・訪問入浴サービス

【対象となる費用】
 利用者負担(1割負担)として支払った金額

【医療費控除を受ける方法】
 「障害福祉サービス利用者負担額証明書」の交付を申請してください。
※証明書の交付には、領収書および印鑑が必要です。
※ストマ用装具の費用も医療費控除の対象となります。医療費控除を受ける場合は、医師の証明書とストマ用装具の領収書が必要です。

税の軽減

種類 内容 金額
所得税 障害者控除 本人または扶養親族などが次の手帳を持っているとき
 ①身体障害者手帳3~6級
 ②医療手帳B1.B2
 ③精神保健福祉手帳2.3級
所得控除額
27万円
特別障害者控除 本人または扶養親族などが次の手帳をもつ特別障害者のとき
 ①身体障害者手帳1.2級
 ②医療手帳A
 ③精神保健福祉手帳1級
所得控除額
40万円
同居特別障害者扶養控除 扶養親族などが常に同居する特別障害者の場合 所得控除額
75万円
住民税 障害者控除 本人または扶養親族などが次の手帳を持っているとき
 ①身体障害者手帳3~6級
 ②療育手帳B1.B2
 ③精神保健福祉手帳2.3級
所得控除額
26万円
特別障害者控除 本人または扶養親族などが次の手帳を持つ特別障害者のとき
 ①身体障害者手帳1.2級
 ②療育手帳A
 ③精神保健福祉手帳1級
所得控除額
30万円
同居特別障害者扶養控除 扶養親族などが常に同居する特別障害者の場合 所得控除額
53万円
前年中合計所得額が125万円以下の障害者 非課税
自動車税
自動車取得税
下記の人またはその人と生計を一にする人が取得または所有する自動車で、自ら運転する自動車または生計を一にする人が上記の人のために専ら運転する自動車 
区分 障害の級別 一部減免
(1台に限る、事業用自動車除く)
視覚 1級~4級
聴覚 2級~4級
平衡機能 3級・5級
音声言語
上肢
3級(咽頭(いんとう)摘出による人のみ)
1級~6級 [介護者運転]1級~3級
下肢 1級~6級 
体幹 1級~3級、5級
上肢機能(脳原性) 1級~6級 [介護者運転]1級~3級
移動機能(脳原性) 1級~6級
内部 1級・3級・4級
免疫機能 1級・3級
知的障害 [介護者運転]療育手帳A・B1
精神障害 [介護者運転]1級
構造上、身体障害者などの利用に供するためのものと認められる営業用の自動車取得税 減免
軽自動車税 障害者手帳を持っている人(18歳未満は生計同一の人)が所有し、自ら運転する軽自動車、またはその人のために生計を同一にする人が運転する軽自動車 減免
(1台のみ) 

※自動車税・自動車取得税・・・介護者が運転する場合や自動車の名義が家族の場合または運転者が家族の場合は、生計同一証明書が必要です。
※戦傷病者手帳をお持ちの人も減免の対象となる場合があります。
※そのほか、事業税・相続税・贈与税・マル優なども減免の制度があります。

問合せ先

【生計同一証明書の申請窓口】
・身体障害者手帳・療育手帳をお持ちの人
 申請先:福祉課 TEL:0795(32)5120

・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの人
 申請先:加東健康福祉事務所 TEL:0795(42)9488