679-1202 兵庫県多可郡多可町加美区熊野部835
TEL:0795-35-0001 FAX:0795-35-0112
211_ext_16_0.jpg

多可郡 図工科・美術家 夏季実技研修会(子どもが喜ぶ立体工作)

2017年08月22日

8月22日(火)、中町北小学校図工室において、「子どもが喜ぶ立体工作」をテーマに「図工・美術科(教員)夏季実技研修会」が行われました。、この研修会のために、多可郡図工科の幹事先生らは講師先生と綿密に打ち合わせをしていただきました。研修に参加された先生方が来られたときには、教卓の上に楽しそうな工作品がいっぱい。先生方も思わず手にとって遊んでおられました。この日はストローを数本つなぎ合わせたりしながら、下から針金を入れて作った工作で、入れた針金を下から回すと、そのつなぎ合わせ方によって、ストローが面白い動きをしてくれます。そしてその動きに合わせてストローに色紙を貼っていきながら、人や動物等に仕上げていくというもの。何度も何度も動きに変化をつけようと考える先生、色紙を貼ってははずし貼ってははずしをくり返す先生、どんどん作業を進めていく先生等、先生方の様子も様々ですが、やりながら「あぁそうか、ストローの曲がっているところに色紙を貼ってはだめなんだ。」など、新たな発見が生まれます。できた上がった作品は「ダンスやフラダンスをしている女性」「空手をしている男性」「サメにえさをやっている人」「かまきり」「ペンギン」等々、実に面白い作品ばかり。作業しながらイメージをグ~ンと膨らませることのできるとても楽しい工作でした。これは授業でも大活躍しそうです。講師先生、ありがつございました。

  • 15930_ext_03_0_S.jpg

    講師先生の説明を聞きます

  • 15930_ext_03_1_S.jpg

    ストローをつなぎ合わせて色紙貼って

  • 15930_ext_03_2_S.jpg

    空手の達人誕生

  • 15930_ext_03_3_S.jpg

    いろんな工作品を手にとって

「北播磨地区緑の少年団交流集会(3年児童有志)」中止

2017年08月18日

本日、「三木山森林公園」を会場に予定していました「北播磨地区緑の少年団交流集会(3年児童有志)」は多可町・三木市ともに「大雨警報」発令のため中止となりました。楽しみにしていた児童のみなさんにはとても残念でしたが、何と言っても安全第一。各ご家庭におきまして、大雨の被害には十分ご注意ください。

多可郡 音楽科 夏季実技研修会(心がはずむ 楽しい音楽)

2017年08月10日

8月10日(木)、八千代小学校音楽室において、「音楽科(教員)夏季実技研修会」が行われました。テーマは「心がはずむ 楽しい音楽 ~みんなの歌とリコーダー~」。講師先生は、過去4回、この実技研集会でお世話になっているお馴染みの先生です。リトミック(身体の動きを使った表現活動)で心と体をすっかりほぐしたところで、今回のテーマであるリコーダーの指導方法の研修へ。「子どもは指が小さいので上手に穴がふさげない」「意識させておかないとタンギングしない」「教科書以外の内容で楽しい指導方法はないか」等々、各先生方の指導上の悩みにしっかりと答えていただきました。「リコーダーのポイントは、『①息の入れ方 ②タンギング ③運指』の3つ」と言われる講師先生。「4拍のリズムは『タタタタ』『タンタタ』『ターティティ』など、先生流の2拍のリズムに分けて練習するとやりやすい」ことや、「遊びながらリコーダー演奏を上手くなろう」を目標に、「みんなま~るくたけもとピアノ~」「すぐおいし~ すごくおいし~」「クイックル~ワイパ~」等々の短いCMソングをはじめ、「ゴジラ」のテーマソング、「365日の紙飛行機」などを題材にして、楽しくリコーダーの指導方法を教わりました。低学年のリコーダー指導に悩まれていた先生方、2学期以降の指導にご活用ください。

  • 15908_ext_03_0_S.jpg

    講師先生紹介 よろしくお願いします

  • 15908_ext_03_1_S.jpg

    立って練習

  • 15908_ext_03_3_S.jpg

    みんな楽しく真剣に

  • 15908_ext_03_2_S.jpg

    「365日の紙飛行機」の演奏完成

読み聞かせ講座(多可町図書館)

2017年08月09日

8月9日(水)、多可町図書館が「姫路お話しの会」から講師先生をお招きして開催された「多可町図書館読み聞かせ講座」に、本校から7名の職員が参加しました。「子どもが図書館に行く」なと考えられなかった時代、おばさんたちが子どものために自宅を貸し出して作った「お話しの部屋」が、現在の「文庫」の始まりである-そんな「文庫の歴史」から「優れた絵本の選び方」「読み聞かせの仕方」等々、1時間30分、ご持参いただいた実際の絵本を使いながらご講演をいただきました。「子どもの頃、父親に買ってきてもらった絵本(日本初の絵本「ひとまねこざる」)が、私の本の人生をかえた」と言われる先生は、「情報化時代を生きる今の子どもたちは、驚くほど物事をよく知っており語彙も豊富である。しかし『創造力に欠ける』ため、人間関係の問題が頻発する。」等、現在の教育現場で起こっている問題点にも言及されながら、「優れた絵本はその創造力を大いに磨き、子どもたちに生きる力を与えてくれる。」と説明。そして、優れた絵本とは「絵を見ただけでストーリーが想像できる」「主人公がはっきりとしており同化しやすい」「満足できる結末で終わっている」等の条件をあげられました。先生に教えていただいた内容を、2学期以降の「図書館教育」や「読み聞かせタイム」に大いに役立たせていきたいと思います。多可町図書館の皆様、講師先生、ありがとうございました。

  • 15893_ext_03_0_S.jpg

    先生からの「読み聞かせ」

  • 15893_ext_03_1_S.jpg

    講演後の質問や意見交換

多可町 スマホ三か条

2017年08月07日

【時間】Stop「何時かな?」みんなで気にかけ 時間を守ろう(H29)/ 「今何時?」友だち同士の 合い言葉(H28) 【人間関係】No その言葉 指より口で 伝えよう(H29)/ 打った文字 とがってないか 要注意(H28) 【危険】See 気をつけて!! 見えない人には要注意!(H29)/ それ本当? 疑うことも 忘れずに(H28)

もっと見る

このページのトップへ戻る